悩む男性とカプセル

クラミジア感染症の治療にはジスロマック

クラミジアはとても有名な性感染症の1つです。
主な感染源は性交渉で、風俗店でも感染する恐れがあります。

人によって潜伏期間が異なり、半年から1年の間は全く出ないことがあるため、知らない間に感染してしまったり、相手を感染させてしまうことがあります。

現在日本では様々な性感染症か報告されていますが、その中でもクラミジア患者の報告が多く、増加の一途をたどっています。
一時期は治療薬が功を奏して、患者数が激減しましたが、ここ数年で患者数を多くしており、蔓延が危惧されている性感染症です。

このクラミジアですが、感染は原因菌によるウィルスの感染により起こります。
感染があらわれやすいところには炎症が起き、かゆみや痛みを引き起こします。
主に症状が出やすいところは尿道と咽頭に出やすく、症状もわかりやすいです咽頭に症状が出る場合は、風邪と誤認しやすいですので、専門医に診てもらうと良いでしょう。

咽頭に感染する場合は、性行為時に、オーラルセックスをしている場合が多く、多くの場合尿道や咽頭に感染が広く診られます。
クラミジアの症状は、主に尿道にあらわれますので、性行時や排尿時に痛みを感じたり、違和感を感じ場合は病院を受診すると良いでしょう。
潜伏期間が長く、忘れたころに症状が出るため、その間にパートナーが変わったりしている場合には、相手にも知らないうちに移してしまっている場合もありますので、気になったらすぐに病院で診てもらいましょう。

そのような症状が出たときには、男性は泌尿器科か性病科を、女性は泌尿器科か性病科、婦人科でも受診することができます。
専門医に診てもらうことで治療が始まります。
結果が出るまでは一週間程度で、陰性か陽性かがわかります。
陽性の場合は抗生物質の服用によって治療を行います。
多くの患者数を誇る性感染症ですので、治療方法や治療薬も発達しており、簡単に治すことができますが、再発、再感染しないよう注意しましょう。

抗生物質ジスロマックの服用時の注意

クラミジアの治療薬としてはジスロマックが主に処方されます。
ジスロマックは抗生物質で、原因菌に直接作用しますので、すぐに効果を発揮し、治療を行うことができます。
治療期間は一週間ほどで、医師によっては再度処方し安全を見る医師もいます。

服用時には様々な注意点がありますが、一番はアルコールを摂取しないことです。
アルコールは抗生物質の作用を妨げてしまいますので、効果を十分得ることができす、原因菌となるウィルスを完全に死滅させることができません。
治療が不十分だった場合、抗生物質に対して耐性を持ってしまうことがあるため、治療はきちんと行いましょう。
ジスロマックはインフルエンザや細菌性の病気に強い威力を発揮するので、医療現場ではよく使われる抗生物質です。
ジスロマックは比較的安全とはいうものの、実際は強い抗生物質であることに変わりはありませんので、ジスロマックが処方される際には、併せて胃薬も処方されるケースが目立ちます。

最近ではジェネリックのアジスロマイシンが処方されることもあります。
アジスロマイシンはジスロマックと同様の成分のアジーを主成分とし、同じ効果を期待できます。
アジーを主成分とするジェネリックでも細菌に対する効果は同じなので、比較的安価なジェネリックを処方する医師も少なくありません。

できれば感染したくない感染症ですが、年々増加の一途をたどっており、誰でも感染してしまうリスクがある感染症です。
パートナーが変わったり、新しい出会いの場面ではきちんと自分の体が大丈夫なのか検診を行なっておくことはとても有効です。
とくにこの種の感染症は中々調べる機会が乏しく、感染が分かったとしてもパートナーに言いにくい場合もありますので、きちんとしておくと自分の身を守ることができます。

ジスロマックは通販からでも入手できる

クラミジアの治療薬であるジスロマックは、通常だと病院で処方されるのが一般的ですが、病院に行く時間がない人や治療費が高いと感じている人もいるかと思います。
そんな人には海外の通販サイトで個人輸入する方法があります。
個人輸入とは海外の店舗などから直接やり取りをして、商品を手に入れます。

ジスロマックを含む医薬品は薬事法の適用なので厚生労働省の認可や承認が必要です。
上記の説明をしていると個人輸入が難しいと感じている人も少なくないと思いますが、現在では個人輸入を仲介する業者も存在して、厚生労働省から認可や承認を受けている業者から購入するのは法律上問題ありません。
しかし、個人輸入は購入者、本人が使用するのは問題ありませんが他人に渡したり、販売するのは認められていません。
また、トラブルがあっても全て自己責任の部分もあるので、その点を踏まえたうえで購入検討しましょう。