悩む男性とカプセル

ヘルペスなど性病の薬は個人輸入代行がお得

ヘルペスをはじめとする性病は非常に再発しやすい病気です。
再発しやすい理由は、一度ウイルスに感染してしまうと身体から完全に消滅させることはできないため、免疫力の低下などがきっかけで再発を繰り返してしまうことがあげられます。
また、症状がでなくなったからといって治療の途中で薬を飲むのを止めてしまうと再発しやすくなるというケースもあります。

もしも再発の兆候が出てしまった場合、診察代のかかる病院にいくよりも、とにかく早い段階で性病治療薬を飲んでしまえば、はっきりした症状が出る前に抑え込むことが可能なケースがほとんどです。

そのため、再発したときのために、ヘルペスなどの性病治療薬をすぐに飲めるように常備しておきたいという人や、また予防のために長期間服用していきたいという人が多いのが実情です。
しかし、病院で処方してもらうと、1ヶ月に一度は通院する必要が出てきてしまい、その都度診察代がかかってしまいます。

さらに、治療のための処方であれば保険が適用されますが、常備薬や再発防止のための用途の場合、保険が適用されなくなってしまうのです。
例外として1年で6回以上再発があった場合は保険の適用となりますが、そうではない場合のヘルペス治療薬は3割負担でも1錠当たり550円以上の薬価なので、非常に高額になってしまいます。

そのため、再発予防のためにヘルペスなど性病の薬を手に入れたい場合は、個人輸入代行から購入するのが非常にお得です。
個人輸入代行から購入できるのはジェネリック医薬品です。
成分や製造方法が同じなので、薬の効能にも変わりはなく、病院で保険適用で処方される価格の1/2~1/3の価格で購入できます。
また、まとめ買いも可能なので、長期間の服用に適しています。

最近は性病治療薬をインターネットを通じて個人輸入代行から低価格で購入する人が非常に増えており、日本語に対応している専用サイトで普通の通販感覚で購入できるようになっています。

医薬品をネットで簡単に購入する人が増加

薬の通信販売が日本で法律的に可能となったのは2014年6月からです。
今では当たり前のように医薬品をネットで購入できるようになりましたが、それまでは、顔の見えない相手に薬を販売する危険性が不安視されていたため、対面販売しか許可されていませんでした。

ネットで医薬品を購入できるようになってからは、医薬品の価格をネットで比較すると、一番安くお得に購入できる方法が簡単に見つかるようになりました。
また、わざわざ店舗まで買いに行かなくてもいいので、仕事や家事・子育てなどで自由な時間が少ない人にとっては大変便利になりました。

こうした背景もあって、医薬品をネットで購入するということへのハードルが低くなり、その結果、個人輸入代行を利用し、ネットで性病治療薬のジェネリック医薬品を購入する人が増えています。
性病治療薬に関しては、予防のために長期間服用するためにまとめ買いしたり、再発したときにすぐに服用できるように常備薬として手元に置いておきたいという人が非常に多いのです。

ジェネリック医薬品とは、開発したメーカーの特許切れのあとに、同じ有効成分と方法で製造された医薬品のことです。
新薬の開発費が薬価に上乗せされていないので、非常に安い価格で流通しています。
ジェネリック医薬品の流通は日本に比べ、欧米が盛んなので、価格も安くなっています。
ただ、海外から医薬品を取り寄せるというと外国語でのやり取りが不安に思う人も多いため、そこで個人輸入代行が間に立って薬を取り寄せてくれます。

個人輸入代行から性病治療薬を購入すると、日本国内で販売されている薬の約5分の1~6分の1の値段で安く買うことができます。
長期間使用する人ほど、まとめ買いとその価格の安さの恩恵を受けるため、近年個人輸入代行の利用者が急増しています。