悩む男性とカプセル

ヘルペスの疑いの場合病院は何科に行けばいいの?

ヘルペスは体中どこにでも発症する可能性のある病気なので、病院は何科を受診すれば良いか迷ってしまう人も多いです。
基本的には医師は全ての診療科目に対応可能となっているため何科でも良いのですが、早く適切に治療するためにはやはり専門医のいる皮膚科が最適でしょう。

ヘルペスは基本的に皮膚の表面に水泡ができるため、皮膚科であれば幅広く対応が可能です。
ヘルペスという病気自体も決して珍しいものではなく、多くの人が皮膚科を受診するので医師も症状の見極めや治療に非常に慣れています。
皮膚に水泡やただれができるヘルペスとよく似ている病気はいくつかあり、症状に慣れていないと別の病気と誤診されて治療が遅れるリスクもあります。
このため、ヘルペスかどうか自分では判断できなかったとしても、念のため最初から皮膚科を受診しておけば間違いはありません。

仮にヘルペスに似ている病気だった場合や、皮膚科以外を受診したほうが良いと判断された場合は、その病院から適切な診療科目のある病院へ紹介状などを書いてもらえます。
最初から診療を断られるようなことはないので、安心して皮膚科にかかりましょう。

ヘルペスは時間とともにウィルスがどんどん増殖することで、症状が悪化していきます。
ものの数時間で一気に水膨れや炎症まで悪化してしまうことも珍しくなく、軽く済ませるためには一刻も早く病因へ行く必要があります。
発症してからのんびり何科を受診しようかと考えている暇はないので、とにかくまずは皮膚科を受診するのがおすすめです。

ただ、口の中や眼など明らかに発症場所が皮膚の表面とは異なる場合は、それぞれ口腔内科や眼科など専門の診療科目へ行った方が安心です。
特に眼の場合は失明や視力低下などの合併症を引き起こす危険性もあるので、すぐに専門医の治療を受ける必要があります。
皮膚の表面にできた場合は皮膚科、目や口の中に出来た場合は専門の診療科と理解しておきましょう。

母親がヘルペスなら赤ちゃんに感染することはある?

ヘルペスと聞くと大人がよく発症する印象が強い病気ですが、ヘルペスウィルスへの感染自体は誰にでも起こることです。
子供でもお年寄りでもその可能性はあり、もちろん赤ちゃんも例外ではありません。
免疫力が整っていない赤ちゃんの場合、感染によって重篤な状態になってしまうリスクもあるため注意が必要です。

赤ちゃんが日中最も接する機会が多いのは、母親です。
母親がヘルペスを発症している場合、何かの拍子に赤ちゃんへウィルスが付着し、感染させてしまう可能性は十分にあります。
ウィルスは水膨れの中に最も多く存在しているので、水膨れができている時や破れて間もない時は、赤ちゃんに移さないよう細心の注意が必要になります。

直接的な感染以上に怖いのが、胎内にいる赤ちゃんにまで感染してしまうケースです。
母親が感染していると、胎内や出産時にへその緒や産道などを介してウィルスが感染してしまうことがあります。
運悪く感染してしまうと、新生児ヘルペスという重い病気を発症する可能性があるため注意が必要です。

新生児ヘルペスになると、生後間もない2日後から1週間後くらいまでに様々な全身症状が現れます。
母乳やミルクを飲むことを嫌がったり、あまり活発に動かなくなるなどの初期症状から、肝機能障害や黄疸、呼吸障害など深刻な症状まで様々なものが起こります。
ヘルペスウィルスが血液に乗って中枢神経に到達して炎症を起こせば脳症を引き起こし、命を脅かしたり後遺症が残る可能性もゼロではありません。

このように、ただのヘルペスだと楽観視していると、母親から赤ちゃんに感染して深刻な状態になってしまう可能性もあるので、感染を自覚している母親はできるだけ早く医師に相談し、適切な対処を行うことが大切です。