悩む男性とカプセル

性行為せずに感染?カンジダ治療にはエンペシド

なんだか不調、いつもと違う、そんな違和感が身体にある場合は病院で診察を受けるのが普通でしょう。
しかし、違和感があっても病院に行きにくい症状だった場合には、先に原因や治療法を知りたいものです。
女性では、外陰部の浮腫や発赤、灼熱感や痛みなどがそれに当たります。
性行為で痛みを感じた時などは、確実に何かの病気ではないかと思うものの、病院に行くのはおっくうになりがちです。
このような症状には代表的に二つの病気が考えられます。

膣カンジダ

膣カンジダは、オリモノがカッテージチーズのようになることが特徴です。
これは、カンジダ菌という真菌の一種が原因で引き起こされる腟の炎症です。
カンジダ菌は人間の皮膚や粘膜に常在する菌なので、診察してもらうのは恥ずかしい部位かもしれませんが、必ずしも性行為が原因ではありません。
風邪などで免疫力が低下している場合になってしまうことが多いようです。
女性性器の感染症としては、頻繁にみられるものです。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、膣カンジダと似たような症状ですが、黄色や黄緑色の泡立ったオリモノと、悪臭のあるオリモノが特徴です。
トリコモナス原虫といわれる微生物が膣内に入ってしまい、炎症が起きます。
原虫といっても虫ではありません。
こちらは、免疫力の問題というよりは性行為によって感染することがわかっており、感染力もかなり強いです。
放置した場合には、不妊症などにもなりかねません。
とは言え、適切な治療を行えば完治しますので、発見された場合はすぐに治療を始めましょう。

カンジダとトリコモナスの治療薬

カンジダの治療には、主にエンペシドを使用します。
エンペシドには、クリームと膣錠があり、外用薬のクリーム塗布だけで良くなる場合と、膣錠併用の場合があります。
トリコモナスの治療はフラジールを使用します。
フラジールは内服薬と膣錠があります。
抗原虫作用や抗菌作用に優れた効果がありますが、必ずパートナーと一緒に治療することが重要です。

トリコモナスも性行為をしなくても発症してしまう

カンジダは、普段から常在する菌ということは説明しました。
それに比べて、トリコモナス原虫は通常、女性の膣内に潜伏しています。
その為、男性から女性、女性から男性という風に性行為を通じて広がります。
男性から男性へはあまり確認されていません。

しかし、強い感染力のあるトリコモナス原虫は、実は人の身体から離れても、湿った場所であればしばらく生存する事が確認されています。
つまり、性行為をしなくても発症してしまう可能性があるのです。
水がじゅうぶんにある公衆浴場やプールやトイレなどから、明らかに性行為とは関係のない子供がトリコモナスに感染してしまうことがあるのは、この為です。

また、不特定多数が利用する公衆施設だけではなく、清潔と思われがちな家庭内でも感染してしまう危険が潜んでいます。
それは、タオルの使いまわしやウォシュレットからの感染です。
水着や下着を一緒に使ったりするのも良くありません。
家庭内に感染者がいる場合は、よく注意することと、症状がない人も同じタイミングで一気に治療をすることが大切です。
特に妊婦が感染すると早産や流産の原因にもなる可能性があるので注意して下さい。

カンジダやトリコモナスは、少し症状が良くなったと思っても、根気良く治療を続けないといけない病気です。
大切なパートナーや家族、将来の為に、早期発見、早期治療によって快適な生活を送りましょう。
何よりも、不快な症状が続く間は何をやっていてもそればかり気にしてしまいがちです。
考え事に集中できなくなったり、仕事などで大きなミスをしてしまう可能性も出てきます。
治療は内服薬やクリーム、膣錠ととても簡単なものですから、心配する必要はありません。